ス ポンサードリンク

2008年11月30日

ブラッディ・マンデイ 第8話 

新聞部の立川英(久野雅弘)が死んだexclamation&question

いつどこで殺人ウイルスに感染したのか、疑問が残るexclamation&question

今回のドラマを振り返って見ると、
警察官・舟木(螢雪次郎)を殺したという無実の罪を着せられた藤丸(三浦春馬)は、友人たちに学校の新聞部の暗室でかくまってもらっていた。

そんなとき突然、立川が吐血。がく〜(落胆した顔)
次の瞬間、無人のはずの学校で、テロリストに拘束されてしまう。

英だけでなく、藤丸、音弥(佐藤健)あおい(藤井美菜)真子(徳永えり)全員、殺人ウイルス「ブラッディX」に感染したことを知らされる。exclamation×2

その事はすぐに、「THIRD-i」にも伝えられ、5人分の抗ウイルス剤と交換で、謎の教団の教祖・神島紫門(嶋田久作)の釈放を要求してくる。

テロリストの計画を知った、新指揮官の鎌田課長(斎藤歩)は、
抗ウイルス剤を所持している事をわからせず、交渉を長引かせ、
テロリストの確保を優先するよう霧島(吉沢悠)に命じるのだった。

藤丸は天才ハッカー「ファルコン」。exclamation
完全なはずの妨害電波をかいくぐり「THIRD-i」との通信に成功する。ひらめき

藤丸たちの切り捨てを悩んでいた霧島は、責任は全部自分は持つことを宣言し、南海(芦名星)澤北(阿南敦子)宗方(村岡希美)と協力し、
抗ウイルス剤を藤丸たちに渡す計画を試みる..。パンチ


★「三浦春馬」をもっと知りたい方はこちら★

続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 11:29 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

流星の絆 第7話 最後の作戦

泰輔(錦戸亮)はぬれ煎餅ひらめき

今回のドラマは、ほとんど「お笑い」はなかったですが、
冒頭の、サギが泰輔を「あんなぬれ煎餅のようなやつ」や功一(二宮和也)をアクセルとよぶシーンは、笑えた。わーい(嬉しい顔)

お決まりのサギが海に飛び込むシーンも

では、ドラマを振り返ってみましょう。
功一と泰輔は、事件の証拠を作ることに成功する。

そして、数日後。
警察は、車の乗り捨ての情報で動き出す。
その車は盗難車であり、その中から出てきたのは、口紅と腕時計と「でぶせん」の写真集グッド(上向き矢印)

捜査していた萩村(設楽統)と柏原(三浦友和)は、
腕時計に「アリアケ開店7周年記念」の文字を見つける。ひらめき

そして功一と泰輔を呼び出した柏原は、
腕時計が、アリアケ兄妹の父・幸博(寺島進)のモノである事を確認。
そんななか、警察にある古本屋から空き巣の情報が入るが、
知れは、泰輔が変装し、古本屋の店員に、警察に届けるように仕組んだのだった。ぴかぴか(新しい)

盗まれたモノが、「でぶせん」の写真集だったため、
盗難車から発見されたモノであると柏原は確信する。

現場の古本屋に向かった柏原、萩村は、口紅のふたを発見する。
さらに、そこが昔「とがみ亭」であったことを知るのだった。

全てが功一の狙いどおりに動く警察。

功一は次の作戦に「動機」作りを考える。

それは、高峰佐緒里こと静奈(戸田恵梨香)を使い戸神の家に
「アリアケのレシピノート」を置いてくる事。

そして、最後のだめ押しで、泰輔が証言をする。
「家から出て言ったのは、戸田政行(榎本明)であることを」
これで、全てが終わるはず..。

だが、静奈は、行成(要潤)とデートを重ねてしまい、
行成の事が好きになってしまっていた。ムード

殺人犯の息子だと、親の敵の息子だと知りながら..。

★錦戸亮のお宝はこちら★
続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 14:44 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

セレブと貧乏太郎 -第7話- 大げんかのふたり

るんるん結果「オーライ」という感じ

詐欺師にも純粋さが届いたexclamation&question

今回のドラマを振り返ってみると、

ある日、二人の編集者がアリス(上戸彩)の元を訪れる。

1年前に自伝出版の契約をしたのだと。ひらめき

それを出版し映画化までするという。

聞けば、継母の真紀子(若村由美)が、その話に関係しているとのこと。

それを嫌がり、自分で書くことを決めるアリスだが、
全然筆が進まない。バッド(下向き矢印)

郡司(風間杜夫)はそんなアリスを見かねて、ゴーストライターで、世界のセレブ御用達のニシヤマに依頼をする。

定されたホテルに行く、アリスと太郎(上地雄輔)
そのロビーで、西山辰雄(姜暢雄)に声をかける。

同じ場所で「だるま」の安田啓一(山下真司)が、娘・幸子(国仲涼子)を結婚させようと、結婚コンサルタントのニシヤマに声をかけたのが、その相手は仁志山達夫(佐戸井けん太)。

そん中、西山にから色々と注文を出されるアリス。

取材と言って色々調べさせられる太郎だが、5年前の事が気になりだす。あせあせ(飛び散る汗)

西山は、アリスの1億円を狙っている詐欺師だとは知らずに..。パンチどんっ(衝撃)

★上戸彩のお宝はこちら★
続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 19:51 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

イノセント・ラヴ 第6話 皮肉な幸せ

佳音(掘北真希)は、天使exclamation

なぜ、佳音はあそこまで不幸なのに、幸せを感じられるのでしょうひらめき

今回のドラマを振り返って見ると、
兄の耀司(福士誠治)から、両親のことを聞くことから始まるが、

耀司はそのままいなくなってしまう。ダッシュ(走り出すさま)

殉也(北川悠仁)の家に戻るが、聖花(内田有紀)の心電図のアラームがなっている時計

救急車で病院に運ばれたが、医師の東野(中原丈雄)から、今夜と明日が山場だと聞く。

殉也はそのまま飛び出していってしまう。ダッシュ(走り出すさま)

残された佳音は、家に戻り「オルゴール」をもってくる。

殉也はその頃、美月(香椎由宇)と義道神父(内藤剛志)のいる教会に行き、に懺悔をする。

義道神父からは、自分で命を絶つことは、唯一神から許されないことだと聞くが、そのままビルの屋上へパンチ

佳音は聖花の耳元でオルゴールを鳴らす。

聖花の血圧が上昇してくる、佳音に嫉妬しているようにグッド(上向き矢印)

★「堀北真希」をもっと知りたい方はこちら★

続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 20:01 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

ブラッディ・マンデイ 第7話 奪われた希望

マヤ(吉瀬美智子)が魅力的キスマーク

久しぶりにマヤが多く出演していたので良かった。(個人的な趣味ですみません)

今回のドラマを振り返ってみると、
マヤに殺された、敷村(神保悟志)の抗ウイルス剤の情報が、
藤丸(三浦春馬)の父・竜之介(田中哲司)のパソコンにある事が判り、以前に敷村から送られてきていたパソコンを探す。

そのパソコンには、敷村に貸していた那須のコテージが写っていた。ひらめき

藤丸、加納(松重豊)南海(芦名星)宗方(村岡希美)は、急いでそのコテージに向い、抗ウイルス剤を発見するが、テロリスト軍団に後を付けられていた。exclamation

J(成宮寛貴)マヤ(吉瀬美智子)に指揮されたテロリストたちに、
コテージの周りを取り囲まれ、機関銃の照準があわされる..。どんっ(衝撃)

その頃「THIRD-i」では、新しい課長・鎌田(斎藤歩)が着任。裏切り者や感染者を出した責任を問われ、霧島は指揮官から外される、サードアイは混乱していくのだった..。パンチ

★「成宮寛貴」をもつと知りたい方はこちら★

続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 10:14 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

ギラギラ 第6話 墓場からの脱出

ホストの墓場からの脱出

今回のドラマは公平らしさが良く出ていたし、テンポも良かったのではないでしょうか。グッド(上向き矢印)

ではドラマを振り返ってみましょう。
公平(佐々木蔵之介)に妻子がいることを知った秀吉(佐藤智仁)は、
公平に失望し店を出て行く。

責任を感じた公平は有希(真矢みき)に連れ戻すことを約束し、
妻・桃子(原沙知絵)にすべてを知らせる決意をする。ふらふら

翔児(三浦翔平)とふたりで探す中、大成(石橋凌)の店で働くホステス・優奈(芦名星)に心当たりはないか尋ねた時に、大成から居場所を聞かされる。

池袋のホストクラブ「ギャラリア」、そこは、ホストの墓場と言われる、金の為ならなんでもする店だった。ひらめき

公平と翔児は、秀吉を連れ戻すため、「ギャラリア」で働く秀吉を
説得するが、無視されてしまう。

代表のサキエル(黄川田将也)は、秀吉を返す条件に、資産家令嬢
の「姫」と呼ばれる大原麻衣子(西原亜希)を、公平のやり方で満足させることだった。がく〜(落胆した顔)

ついに、サキエルと姫は、秀吉を連れ「リンク」にやって来る。

★「黄川田将也」のおたからGET!★
続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 11:02 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

流星の絆 第6話 つながる関係

静奈(戸田恵梨香)とは血がつながっていないがく〜(落胆した顔)

今回の笑い爆発、シリアスもありの期待どうりでしたね。右斜め上

では、ドラマを振り返ってみましょう。
功一(二宮和也)が働く店に、静奈(戸田恵梨香)の本当の父・矢崎信郎(国広富之)の妻・秀子がやってくる。

功一たちの両親を殺したのは、夫であるという秀子(麻生祐未)。ひらめき

妄想劇が始まり、最後に静奈に会いたいという。

矢崎信郎は、柏原(三浦友和)に、秀子の疑惑を話し、自分が殺人犯ではないことを説明するのだが、逆に疑いを深めさせてしまう。

泰輔は、父・幸博 (寺島進) がかつて通っていた横浜の喫茶店を訪れ、父と 戸神政行 (柄本明) の接点を探ろうとするが見つけられない。

功一と泰輔は焦る。バッド(下向き矢印)

そのころ、父・政行に元祖ハヤシライスの味を使わせないと言われた行成(要潤)は、功一のいるジョージ(尾美としのり)の店で静奈と新しい味を求めはじめようとする。

功一と泰輔は、静奈に本当の父親のことを話そうとするが、なかなか話し出せない。

翌朝、二人は店を飛び出し喧嘩を始める、その最中に静奈は本当のことを聞いてしまう..。パンチ

★錦戸亮のお宝GET!★
続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 11:53 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

ギラギラ -第5話- 

ピンチ!桃子と鉢合わせどんっ(衝撃)

ついに公平の妻・桃子に仕事がばれてしまうのかexclamation&question

ドラマを振り返ってみると、
大成(石橋凌)から宣戦布告された公平(佐々木蔵之介)と「リンク」だが、秀吉(佐藤智仁)のがんばりもあって、店の雰囲気も良くなってきた。

そんななか、大成の作戦が次々と繰り出される。
翔児(三浦翔平)と秀吉(佐藤智仁)が、呼び出され、「琥珀」にやって来た。

そこには大成の店・銀座「牡丹」ナンバーワン優奈(芦名星)がいた。
翔児が席を立った瞬間、優奈は秀吉に声をかけてくる。

「相談がある」と..。たらーっ(汗)
翌日、秀吉は、指定の場所に行く、優奈は「大成から逃げたい」と。

秀吉は、境遇が似ていることから、優奈に共感しはじめ、
店を2日連続で休んでしまう。むかっ(怒り)

公平は、優奈をリンクに呼び出し、事情を聴く。
そして「信じる」といった公平だが、すべて大成による罠だった。

そんななか、公平の妻・桃子が、
友達と「リンク」下の「アトラス」に現れ、公平と鉢合わせしてしまうexclamation×2

★原沙知絵のお宝はこちら★

続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 11:56 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

流星の絆 -第5話- 仇の息子と盗まれた味 

高山をもっと出してexclamation

毎回少しずつだが出ている高山(桐谷健太)が何か癖になりそう。
面白すぎ!

次回からは出ないのかexclamation&question

では、物語を振り返ってみましょう。

静奈(戸田恵梨香)を「とがみ亭」の前で待っていた泰輔(錦戸亮)と功一(二宮和也)は、タクシーから降りてくる男を何気なく見ている。

それを男を見た泰輔は、14年前の事件の夜に家から出て行った不審者と同じだという..。ひらめき

その頃、「とがみ亭」の店内では、静奈が行成(要潤)から出された元祖「とがみ亭」のハヤシライスを食べ、衝撃を受け涙を流してしまう。たらーっ(汗)

それは、父が作った「アリアケ」のハヤシライスと同じ味だった
そこに男がやってくる、行成の父・政行(柄本明)だ。

功一は、父が残したレシピノートを読み直し、ハヤシライスを2種類作り、泰輔と静奈に食べてもらう。

静菜は、一方が父の味、そしてとがみ亭の味だと断言する。

口の中に残る後味が違うと。ひらめき

そのハヤシライスには、隠し味として特別な醤油が使われていた。

レシピノートの電話番号を手がかりに、功一は名古屋の醤油屋に向かい、1つの証拠を掴んできた。

「とがみ亭」の2代目が、とがみ亭の味を復元させるために注文してきたという。

そしてその醤油屋が「とがみ亭」と取引をはじめたのは、事件後だった。

すべては繋がった。パンチ

だが、レシピノートは自分たちに残っている。どうやって味を盗んだのか?そして、両親を殺した犯人なのか?

詐欺のターゲットは、行成から政行にexclamation

目的も事件の証拠探しに変更される。雷

★錦戸亮をもっと知りたい方はこちら★
続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 14:50 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

the 波乗りレストラン

いつも準備中晴れ

日本テレビで放送中の「the 波乗りレストラン」を観ましたか#63912;

大泉洋主演で、33(サザン)話わーい(嬉しい顔)の連続ショートドラマです。

放送時間も不定期なので、番組表をチェックしていないと見逃してしまいますので、レコーダーでの予約が必須でした。CD

では、ドラマを振り返ってみると、
茅ヶ崎にレストランを開業する為にやってきたマスターの小波健司(大泉洋)だが、茅ヶ崎を散策中に色々な人と出会う。ひらめき

脱サラしぜんぜん売れないみやげ物屋を開く、先輩こと長塚日出夫(西村雅彦)、しらす漁師でしらす丼を出すロッキー(布施博)、その妻のマドンナ(富田靖子)など。失恋

「波乗りレストラン」の開業を準備するが、先輩がやってきてビール

その「波乗りレストラン」はいつも準備中で、準備中の看板の裏もやはり準備中、営業する気がないらしい。

準備中にもかかわらずどういうわけか、いろんな「訳あり」の人があつまってくる..。眠い(睡眠)


★「サザンオールスターズ」のあの曲はこちら★
続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 12:53 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

ギラギラ -第4話- つながる心

探し物が見つかりましたひらめき

ドラマを振り返って観ましょう。
影士(阿部力)は刺されたが一命を取り留めた。
大阪でもう一度、ホストとしてやり直すと..。むかっ(怒り)

娘・織江(山田萌々香)の病気などでドタバタが続き、公平(佐々木蔵之介)の様子になにか不安を感じ始めた妻・桃子(原沙知絵)は、公平の結婚指輪が無くなっていることを指摘するのだった。バッド(下向き矢印)

公平は、必死に探すが見つからない。

そんななか、「六本木アトラス」に移籍した、元「リンク」のホストた
公平や有希(真矢みき)たちは迎え入れるが、冬真(夕輝壽太)たち、残留組は、受け入れることができない。パンチ

移籍組の裕樹(崎本大海)たちとの対立は深まっていくばかりである。

そのバラバラ状態のリンクに、正岡順(中村倫也)が、親の家業を助けたいと、ホストに志願する。ぴかぴか(新しい)

即、採用を決める公平だが..。
大成(石橋凌)のホストクラブ「琥珀」のNO.1ホスト・青龍とは知らずに..。がく〜(落胆した顔)

リンクに評判の良くない客として、ブランドのデザイナー香月沙梨奈(野波麻帆)がやってくるが、酔って階段から転落し、ケガをしてしまう。

毎日のように謝罪に行くが、心を開こうとしない沙梨奈。ちっ(怒った顔)

そんなばらばらな状態の「リンク」に、新規の客として、植木エミ(秋山莉奈)が、やってくる。

エミは、残留組の冬真を指名するが、翌日には、出戻り組みの裕樹とデート。

冬真と裕樹、残留組と移籍組の対立は、深まっていくばかりである。

そして、ついに事件が起きる。

エミが、デートで裕樹にレイプされたと..。むかっ(怒り)


★「真矢みき」についてはこちら★
続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 10:00 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

流星の絆 -第4話- 衝撃の一夜

このまま犯罪を続けるのか?

今回のドラマを振り返ると、
功一(二宮和也)は、「今回で最後にしよう」と言うことで、選んだターゲットは、洋食チェーン「とがみ亭」の専務・戸神行成(要潤)。

功一は「なにかイラッと来るから」という理由..。exclamation

そして、ついに作戦が開始される。

まず、ワインの試飲会に出席し、宝石商・春日井となった泰輔(錦戸亮)と帰国子女・高峰佐緒里となった静奈(戸田恵梨香)

2人は、新しい店のコンセプトを考える行成に接触する。
行成は、功一の思ったとおりに、静奈に惹かれていく。

そんななか、功一は、柏原(三浦友和)萩村(設楽統)に呼び出され、泰輔たちの居場所を聞かれる。耳

知らないと言い張る功一だが、柏原たちは泰輔の居場所を特定し、
数枚の写真を持ち、面通しをするのだった。

わからないという泰輔だが..。

作戦が進行する中、新店の目玉とするハヤシライスの試食会に招かれる静奈。

口にした瞬間、衝撃を受ける。exclamation

そして偶然、犯人を見つける。exclamation×2

★「戸田恵梨香」がかわいい★
続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 10:59 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

ベロニカ・マーズ シーズン1

年頃の娘と見るのに最高!

アメリカの連続テレビドラマの「ベロニカ・マーズ」が面白い。

カリフォルニアの高校に通うベロニカ・マーズ(クリスティン・ベン)は、ある事件で友人と恋人を失う。ひらめき

ある事件とは、恋人のダンカン(テディー・ダン)の妹でベロニカの親友が殺された事件。どんっ(衝撃)

当時、保安官だったベロニカの父・キースは、犯人はダンカンの父で大金もちのジェイクだと訴えた為、保安官をクビになってしまう。バッド(下向き矢印)

保安官をクビになってからは、夫婦の仲もこじれ、母は家を出てしまうのだった。バッド(下向き矢印)

父親のキースは、生活の為に探偵事務所を開き、ベロニカも手伝うことに..。

頭の良いベロニカは、昼は、高校生、夜は、探偵の二重生活でも持ち前の好奇心とひらめきで、問題を解決してしまう。ひらめき

かなりいたずらも好のようで、学校の仲間や父・キースの友人を使い、いろいろな仕掛けを考える。

そのいたずらがまた面白い。

気に入らないクラスメイトのロッカーに、検査で見つかるようマリファナの喫煙具を仕込んで、発煙させたり。

保安官の証拠ビデオをすり替えたりと、次々に出てくる。

ベロニカ・マーズ演じるクリスティン・ベルの実年齢より7歳も下の役というから驚きです。がく〜(落胆した顔)

パリス・ヒルトンの高校生役には無理があるが..。

是非、娘さんと一緒に楽しまれてはいかがでしょうか。ぴかぴか(新しい)




★「ベロニカ・マーズ」をまだ見ていない方はこちら★

スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 10:00 | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

ブラッディ・マンデイ -第4話- 悲劇

3人目の犠牲者exclamation

さて、第4話を振りかえって見ると。
宝生は、加納(松重豊)を撃ち、藤丸(三浦春馬)は追い詰められてしまうのだった。

裏切り者の正体は、宝生小百合(片瀬那奈)だったexclamation

そのうえ、藤丸はUSBを奪われ、サードアイ本部の霧島(吉沢悠)に、
うその情報を送らされる、裏切り者が加納で、宝生は行方不明だと。

宝生は、マヤ(吉瀬美智子)と別れ、サードアイ本部へ。ひらめき

その姿は偶然目撃されるが、加納が裏切り者であるという情報に惑わされ、行動に移せない、宝生は本部の地下へと向かって行く。exclamation&question

一方、地下空調室に不審な記録を確認した中川沙織(原田佳奈)は、
単独で、向かうと、、そこに、空調設備に接続された謎の装置を発見するexclamation×2

霧島に報告し処理するが、すでに装置が稼動し、沙織だけが残される。どんっ(衝撃)

霧島らは、監視カメラの映像から、侵入者である本当の裏切り者が、宝生小百合であること知るのだが..。

宝生は、本部を去ったあと、あおい(藤井美菜)から、遥(川島海荷)の入院する病院を聞く..。がく〜(落胆した顔)

また遙が人質になる予感exclamation&question


★成宮寛貴をもっと知りたい方はこちら★
続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 11:03 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

ギラギラ-第3話-愛情の行方

女性は欲深いひらめきexclamation&question

第3話を振り返ってみましょう。
ホストクラブ「リンク」を仕切ることになった公平(佐々木蔵之介)だが、そのことが気に入らない多くのホストが、ライバルの「六本木アトラス」に引き抜かれてしまうのだった。exclamation

「六本木アトラス」の相手は、昔、公平の弟分だった影士(阿部力)。
引き抜きを受けただけでなく、強気なやり方で「リンク」はじり貧状態になっていく。バッド(下向き矢印)

リンクの他のホストたちは、公平に敵意を抱いていくのだった。
そんななか大成(石橋凌)が、公平と美希(真矢みき)たちの前に現れて「ゲーム」をしないかともちかける。

どちらが「優れたホスト」かを決めるゲームで、勝負のジャッジするのは、銀座の女王と呼ばれる麗奈ママ(古手川祐子)。

影士は、ホストの入れ替えなどを行い、麗奈ママの代りとして現れる客をVIPとして扱おうとする。

一方、公平もまたある作戦を考えていた。

そして、影士のもとに現れるナンバーワンホステスの京香が2人キスマーク

それは麗奈ママの作戦だった。ぴかぴか(新しい)


★小手川祐子の出演作品はこちら★

続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 11:27 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

流星の絆 親の秘密とハヤシの王子様

高山 (桐谷健太) きもexclamation

ドラマを振り返ると、
功一(二宮和也)静奈(戸田恵梨香)泰輔(錦戸亮)の3人が見事、
静奈が会社を辞める原因を作った高山から、彼の好きな金融関係の詐欺で150万円を騙し取ることに成功する。exclamation×2

そんな中、功一の働くカレーショップに柏原刑事(三浦友和)がやってくる。

横浜でノミ行為の組織が摘発され、その顧客リストに殺された父・幸博(寺島進)の名前があったという。

事件当日。父・幸博、母・塔子(りょう)の2人が、親戚中を駆け回り、金を工面していた事実があった。

その日、200万もの現金が存在していた。雷

もしかしたら、ノミ組織に犯人がいるかもと捜査を再開したとのこと..。

その話を聞いた功一と泰輔は、ギャンブル好きだった両親のことを思い出す。

それは、妹・静奈が知らない両親の一面で、泰輔が書いた作文に、
父たちのことが書かれてあり、それからはギャンブルに手を出さなくなったはずであった。

事実を知った静奈は、ショックを受けてしまうのだった..。ぴかぴか(新しい)


★「戸田恵梨香のお宝写真★

続きを読む
スポンサードリンク
posted by ドラマ好き at 10:10 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
http://www.sougolinker.com">相互リンクレーシック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。