ス ポンサードリンク

2008年11月22日

流星の絆 第6話 つながる関係

静奈(戸田恵梨香)とは血がつながっていないがく〜(落胆した顔)

今回の笑い爆発、シリアスもありの期待どうりでしたね。右斜め上

では、ドラマを振り返ってみましょう。
功一(二宮和也)が働く店に、静奈(戸田恵梨香)の本当の父・矢崎信郎(国広富之)の妻・秀子がやってくる。

功一たちの両親を殺したのは、夫であるという秀子(麻生祐未)。ひらめき

妄想劇が始まり、最後に静奈に会いたいという。

矢崎信郎は、柏原(三浦友和)に、秀子の疑惑を話し、自分が殺人犯ではないことを説明するのだが、逆に疑いを深めさせてしまう。

泰輔は、父・幸博 (寺島進) がかつて通っていた横浜の喫茶店を訪れ、父と 戸神政行 (柄本明) の接点を探ろうとするが見つけられない。

功一と泰輔は焦る。バッド(下向き矢印)

そのころ、父・政行に元祖ハヤシライスの味を使わせないと言われた行成(要潤)は、功一のいるジョージ(尾美としのり)の店で静奈と新しい味を求めはじめようとする。

功一と泰輔は、静奈に本当の父親のことを話そうとするが、なかなか話し出せない。

翌朝、二人は店を飛び出し喧嘩を始める、その最中に静奈は本当のことを聞いてしまう..。パンチ

★錦戸亮のお宝GET!★
ついにドラマも核心に迫ってきましたexclamation×2

という感じですが、静奈が、兄二人と血がつながっていないことが、今後のドラマの展開にどう関係していくのでしょうかexclamation&question

テンポ良く話が続いていたので、気にもせずに見ていましたが、
後から気になりだして、止まらないexclamation

皆さんはどういう展開を予想しますかexclamation&question

犯人は本当に父・政行なのでしょうかexclamation&question

クドカンなので、まだまだ土壇場でのひねりがありそう。

今回のドラマで泰輔が、秀子とホテルに入るシーンがありましたが、
錦戸亮のファンの方は心臓がバクバクだったのではないでしょうか。黒ハート
しっかり落ちがありましたが..。

次回もかなり期待できそうひらめき


posted by ドラマ好き at 11:53 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
検索
 
http://www.sougolinker.com">相互リンクレーシック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。